--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-26

病気

先日、膠原病の親戚の事でお世話になりました**です。
一時はたみさんのブラック塩のお陰で少しは食欲も出てきたのですが、
残念ながら先週亡くなりました。ただ、不思議な事があり、
お礼をしたくてメールしました。

本人が死ぬ1週間前の事、病室に200年前の先祖のお坊さんと
今は亡きお婆ちゃんが来たそうです。
そのお婆ちゃんもそっち方面の力があった人なんですが、
そのお婆ちゃんがうちの持って行ったブラック浄化塩を
一生懸命本人の頭にかけていたそうです。

実は癌も併発しており医者からも治療の仕様が無いと言われていただけに、
その悪い部分を取って楽に死ねるようにお婆ちゃんがブラックを使ってくれたのかな~。
と思いました。ブラックを持って行って本当に良かった。
と思いました。本当に感謝です。ありがとうございました。
と言うメールを頂きました。

ちよっとご紹介したのは「癌」について思った事。
前々から癌である場合その病巣部分にかなり悪いものが憑いている
という思いがありました。

このメールを頂いてやはりそうなのかなと思った次第です。


私自身どしてもこういった癌の方とお会いする機会が多いです。
ほとんどがかなり進行した状態でのものですから
正直にいえばとても難しい状況といえます。

また人によっては「運命」である場合も多く
私の後ろの力を持ってもどうにもならないとわかる事もあります。
そういう時ってやはり悲しいですよね。

もっと早くにと思う事が多いですが、現実は病院での医療が限界に来て
それから。。。という事が多いのですね。

しかしそれだからといって諦めたくはないです。
出来る限りの手は尽くすのですけれどね。

この膠原病の方もまだ若い方だったので本当に残念です。
治療法も無いと言われているだけに又難しいのかもですけれどね。

思うのがいくら見えても何も役に立たないと無力さを感じます。

後ろの世界から見ればそういう流れであって自然なのはもちろんわかります。
でも人として見る限り人の死の悲しさというものは何度経験しても
どうにもならないものです。


せめて苦しまずに送ってあげる事ができればいいのですけれどね。


心からご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

2007-09-20

バランスをとる

プラスマイナスというのは陰陽も含めて世の中のエネルギー

そして自分に起こるいい事悪い事も含めて全部をいいます。


例えば『宝くじ』ですが、当選する人の中には

『当たる運命』の人と『当たる運命でなかった』という人もいるようです。

当たる運命である人は問題ないですが、そうでない人は

大きなプラスを得たのですから、違った形で大きなマイナスを支払う事になるようですね。

だから宝くじが当たって運命が狂うタイプはそのタイプみたいであります。


当たる運命だった人というのは、前世で酷く辛い事や、人がしない様な事を

自ら進んでやり遂げた人が次の人生で『ご褒美』として・・というものでありますね。

でもこれも結局『プラスマイナス』でバランスを取っているのです。


例えば日常である事ですが、食事に行ったり買い物をして

お釣りが多かったりして「もうけた」って思って言わずにいても

結局は何かで違う形で支払うことになります。


何かを買ってそれがすぐ壊れてしまった、ちょっと車をこすったとか

色々と形を変えてですな。


これと同じで、『いいこと』をすれば、これも違う形で『いいこと』があります。

ラッキーって思う程度なのかもしれませんけれどね。


でも人に良い事をしたら、数年先偶然にもその人がいて

自分を助けてくれる事になるって事もあったりします。

どうせならば「良い事」で連鎖すればいいのですなー


世の中って悪い奴が多いんで、振り込め詐欺やら、

儲け話で騙したりして一時的に儲かっても、結局は警察に捕まって

しまうってのですから、結局バランスを取らされるんですよね。

たまに『保険金殺人』を何度もしていた人がいたりしますよね?

金に目がくらんで正常な思考もなくなるんですから怖いものです。


ま、いずれにしても陰陽で成り立っている世の中。

そういう目で色々な見方をすると『ヒント』があちこちに落ちているかもですねー



それから人生について。

基本的に世の中に生まれてくる人間はある生き方を目指しています。

それは自分で決めた事でもあるのですね。

生まれる前に両親を選びどういう人生なのかあらかじめ見て

自分が希望する生き方と合えば・・・という感じのようです。


しかし地球上にこれだけの人間がいますから

すべてがパターンに当てはまるとも限りませんけれどね。


人間は生まれ変わるたびに前世と似た環境にいることが多いです。

それはよくいわれる『カルマ』があるからです。

1.主な目的

2.自分の克服すべき事

があるみたいですね(私自身を見て)

まず主な目的は、パートナーを探すとか、家族で幸せにとか身近な事や

何かを成し遂げて偉人になる場合もありますし、それぞれの目的があるといえます。


克服すべき事は、個人的な苦手とする部分ですね。

友人関係が上手く築けない人とか、人を愛せないとかですね。


両方とも克服できないとまた次の人生で・・追試って事です。

まあ正直言って世の中『追試』って人が多いですわ。

しかもその追試回数は両手・・いやそれ以上だったりして(笑)


私だってそうですからね(笑)

それを克服するもしないも自分次第です。


そういえば最近『自分の人生は??』と考える人がとても多いです。

ちらっと耳にしますからね。(というより相談か?)


自分の人生は自分が心に決めて来たのですから

しっかりそれを思い出して欲しいっす。

自然に気がついて向かっている人もいれば、

気がつかず他の道に行く人もいるようですし

これも又人様々・・・・


自分の人生は自分で決めて進む。それしかないですよね・・

進むためのヒントは周りを見たり、誰かの声を聞いたりできます。

そして・・・自分の中で自分がどう考えるか?

でも『我侭』は駄目っす。自分と周りの中で正しい位置を見つけることです。

それは誰もが『喜ぶ事』です。

親も自分も愛する人も。そして大事な人たち。


みんなあくせくしてその答えを探すために生きているのかもですね・・・


2007-09-19

先祖について

前世・ご先祖様の因縁がありご加護をいただけてないと言われたことがありますが、
本当にそういうことが原因としてありうるのでしょうか、またどのように対処したらよいのかアドバイスをいただけないでしょうか?


回答
そういうケースは多々あります。
ただし加護出来ない程度により、親族に色々と出る場合から
「ちょっと不運だなー」と感じるように、何か起こる事がとても多いです。

あまり気がついていない場合もあるのですが、
信じない人が考えても『先祖に・・・』と思うほどのものであれば
かなり危険だというレベルになります。

それから、同じ加護してもらえない事でも、先祖が信号を(注意)を
促すために一時的にそうする場合もあります。

場合によりですが、先祖でなく何かがとり憑いてしまい
とり憑いたものが強すぎて先祖の力が弱く『守れない』というケースもあります。

能力者のレベルにもよりますが、言われた事を考える場合
実際に加護がない→不運であるかよく考えてみるといいと思います。

対処法

家族に怪我人や病人が頻繁に出る場合 →プロの先祖浄霊が必要です。

不運など→不運の程度によりますがプロ先祖浄化か、お払いなどが必要です。

---------

ということで質問がありました。

対処としては先祖浄化をするのが当たり前ですが、
その原因やレベルによってもちよっと違ってきますね。

しかし原因やレベルを探るには観える人に観てもらう事になると
思いますが、また観える人によって言うことが違ってきて
混乱する場合もあるから、困ったものです。

まあ結果として先祖浄霊が必要だと感じるほどのものがあれば
信頼できる霊能者か、力のある方にご相談してみる事ですね。


軽い程度のものであれば、先祖を大切にするだけで、かなり違うと思います。
仏壇に必ずお参りしたり、定期的に墓掃除をかねて挨拶するだけでも結構違うものです。

見えない世界だけに、何かがあった場合必ず夢枕に立つとか
家族に何らかの信号が出てくるのも事実です。

当たり前ですが、何もないのがいちばんよいですよね・・・

2007-09-11

急がばが回れ!

心を病む人は基本的には優しい人が多いのかもですね
しかしこれはいい優しさではないっす。


我を行く人は、人がどう思おうとまず自分であります。
でも結果的にはこういう人の方が早く治るのですな。


基本的に心が弱いというか、優しい人は自分が悪くなった事を責めて
そして苦しみます。その悪循環からなかなか抜けきれないというのが
実情であると思います。


極端に言えば人を助けることが出来ないほど負傷している人が
戦いの中にいる戦友を助けようとしているのと同じです。

本当に助けたくば自分が本当に助けられるようになるよう
回復することなのですね。
家族がいるから申し訳ないとか常に『悪い』と思ってしまうから。

しかし冷静に考えてみたください。
自分が健康になるのがいちばんの早道であると言うことであるのは
誰が考えてもわかることです。その当事者であっても。

少しでも早くそこから脱却したいのならば人の手を借りてでも
、そして無理をせずまず『自分』を良くすることが大事。
だから家族に悪いと思うことは一切ないのです。

むしろ悪いと思い続けるのは、その状況を長引かせてしまっているだけです。
で・・・あればです!!!
少しでも早くその状態から脱却するべく自分を助ければいいのです!

それを待っているのはいちばん愛する『家族』なのですね。
だからこそ、そうしなければなりません。

自分ひとりで病気になって医者にも行かず治そうとしているようなもの。
徹底して治すにはやはり「急がば回れ」です。

肉体が悪い場合やはり医者などに行き血液検査をしたりして
自分の悪い場所を確定してそれに対応すべきです。
西洋医学も、東洋医学も両方必要なのです。

人間の身体は肉体と精神(霊体)であるからです。

自分の身体がどうあるのか?的確に知る事。
そして、自分が維持できない場合、家族の手を借りることも大事。

まずいちばん大事なのは『自分』であるということ。
自分をしっかり出来れば回復できるんです。

家族に悪いとか思っていては、何時までたっても駄目です!!
まず『自分自身に悪い!!』と思ってください。

自分の身体そして自分の人生なのです。
だからいちばんに大事にして欲しいのですね。

無理せずに『撤退』も必要です。
とっても優しい家族なんですから、意地を張らず受け入れることも大事です。

幸せになるためには『遠回り』かもしれませんが
それがいちばんの『近道』であるのです。

周りを気にするならこそ、むしろ自分に優しさを向けてあげてください。
自分は精一杯やっているのですから。

しっかり自分を基礎から立て直す。それがいちばんの近道ですよーーー!!!

2007-09-04

それぞれの尺度

人にはそれぞれの考え、思い、習慣、尺度があります。

例えば食事が少ししか食べられないAがいたとして

その人にちゃんと食べて欲しいと、Bがフルコースのように

たっぷり料理を作ってくれたとします。

Aにとっては量が多すぎて苦痛になりますよね。

しかしBはAのために『ちゃんと食べて欲しい』という思いがあって

悪いことをしているわけではないですよね。

むしろ普通であります。


でもAにとってはとっても苦痛なのです。

ここでAは苦しいので、食べさせられる苦しさから

Bの食事を食べたくないと断ります。


そうするとBは「なんでなの?美味しくないの?」

と自分がいい事をしたのに拒否されて怒るのですね。


Aの事ををBは理解できないから、衝突が生まれるのですな。

これが人と人が争う原因となります。

又逆にAが逆切れして怒ったとしたら、Bは「なんで??」となり

結局争う事になってしまいます。



上の場合で間違いが起こる原因を無くす事は

1.Aが求める事を正確にBが理解してあげる事

2.Bに対してAがちゃんと伝える事(食事が少ない事)

であります。


しかし通常の場合相手に優しくする場合、優しくする方が

一方的に与えるものでありますので、ここですれ違いが出てくるのですな。

よく争いごとがあって

「ここまで面倒見たのに」

「なんて恩知らず?」

などとよく聞きます。


しかしこれもある意味傲慢ですよね。

相手に対して『見返り』を求めていると言うことです。


本当のやさしさとは何か?

よく『見返りを求めない事』といいますよね。

それができるのが本当だと思います。


よく聞く言葉ではないですが、『恩をあだで返す』と

いうことも起こることがありえると言うことを

ちゃんと頭に入れておくべきだと思うんです。


それからよくあるのが金の貸し借り。

私は過去何度が貸したことがありますが、

相手の状況を見れば「帰ってて来ない」というのは

すぐにわかりますよね。

そういう場合は思い切って貸さないか、あるいは最初から

「帰って来ない」と思って貸すべきです。

現在お金のトラブルで殺人事件とか当たり前に起きてますからね。

そういや俳優の借金で脅迫事件があったりしましたなー


ということで人と人の間でズレが発生するのは

絶対に理由がそれぞれにあるわけです。


これは国対国であってもそうですし、個人のレベルでも

全く同じで『争い』があるのです。

戦争がなくならないというのは国だけでなく

人間の意識が問題なのだと私は思うのですね。


見返りを求めない事・・・・

それが出来ないのならばむしろ何もしないほうがいいのかもしれません。

本当に難しいですよね・・・

2007-09-03

良いエネルギー

さていつも呼吸法とかエネルギーの発生法で

色々とお話をしていますが、最も簡単なかつシンプルなものに

焦点を当てていきたいと思います。


まずは呼吸法よりも更によいもの

それは『笑い』です。

腹の底から涙を流して笑うほどの笑いっすね。

これが呼吸法よりも更に効果があります。


呼吸法は『酸素を取り入れる』というものだけで

笑うは『酸素を深く取り入れ、なおかつ邪気を出し、笑いのエネルギー』の

よい効果が更によいといった感じです。


そして『食』ですね。

これはダイエットやカロリー、はたまた元気になるための食材など

必死にやるのももちろんよい事ですが、

やはりこれも『呼吸法→笑う』と同じで

『健康によい→美味しく食べる』ということもとても重要です。


これは皆さんも経験しているのでわかると思います。

どんなに美味しいものでも『ひとりで食べる』と味気ないものです。

しかし楽しい人と一緒に食べる、家族で食べると

とても楽しくてなおかつ『美味しい』ですね。

これと同じことです。


人間は『楽しい』という事だけでも『エネルギー』を発すると

考えてもいいと思います。

正確にはエネルギーでなく『心のエネルギー』つまり豊かさですな。

そうすることでいい精神状態も保てますしね。


ダイエットしたい方はカロリーの無い食品とか色々と苦労しているかと

思いますが、大事なのは一日の摂取カロリーを越えなければいいので

カロリー範囲内であれば、好きなものを食べていいのですな。

身体が欲するものであります。


ダイエットの間違いは、ケーキ駄目とか炭水化物駄目とかありますが

これじゃストレスになってしまいます。


ケーキでも何でもそれぞれの一日必要カロリー内であればいいのです。


美和吉もあれだけ甘いもの食べて超肥満にならないのは

摂取したとき以外の食事が少ないようです。

つまり好きなものも一日の食事のひとつであるようなのですな。


ただ食べる、ただ呼吸するそれだけと、『プラス』があるとでは

大きく違うと思います。

だから『家族』がいて、泣き笑いがあるからいいのかも。

苦しいときがあるでしょうけれど、喜びもその分大きいのですな。


日常に『プラス』がある事はとっても大事です。

皆さんはそれぞれに『プラス』があると思いますが、

何がプラスですか??

ひとりものならば、大切な友達と遊ぶ、飲むとか

ペットとふれあうとかもいいですよね。


人間は孤独だと、悪いほうへ悪いほうへ行ってしまいます。

『楽しい』事がないので、いつも頭にあるマイナスばかり考えてしまうのです。

鬱になるのも同じですね。マイナスに支配されているといっていいです。


とにかく『楽しい』と思えることが自分の心の中に増やしていく事。

そうすればきっといい方向にいくはずです。


こう考えれば、無理に呼吸する、無理に食をダイエットしたりして

自分の心が『苦しい』と感じれば『マイナス』なのですな。



もっと嬉しい楽しいを自分の心の中に増やしていきましょう~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。