--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-30

引き続き守護霊・神について

守護霊について前日述べてきました。今日は守護霊の特質について書いてみたいと思います。守護霊とはその名の通り人を守護する為につく霊です。

ひとりの人間にひとりの守護霊がついているのが基本で、他に指導霊や補助霊はたまた前世か今世で縁のあった動物霊が守っていてくれたりします。指導霊と言われるのはその人が何かをする時にそれを指導する霊です。前日の書き込みにみかんさんが「女の子の方は背景に教会建築(イタリア美術)、お爺さんの方には、渋い抹茶茶碗(日本美術)、、の映像がセットだった、、。」と言っているように指導霊である可能性は十分あります。

やはり後世に残るような活動をする人はスポーツ選手であったり画家であったりするのです。中には本人そのものが有名な選手で、自分の記録に挑みたいみたいな人もいるようです。

守護霊は補佐霊、指導霊などの中心にいてすべてをコントロールする役と言えます。自分の手に負えないものは守護神に任せるという形になると思います。またその人がある神を信仰していたり、産土神などに強く守護されていればそちらが守るという形になります。

さて守護霊の場合死んですぐに守護出来るほど徳を積んでいる人であれば問題ありませんが、経験の無い人は補佐的な役目つまり補助霊としてついて元の守護霊のやっていることを見て学んでいくのです。そして守護霊になる場合もあります。基本的にすべて霊界は「自由」ですので、守護霊になる人、しばらく霊界で楽しむ人、守護神になるべく修行を積んでいる人もいるようです。

よって守護霊であっても長くやっている場合神様的に力のある守護霊もいます。ほんと定まった考えで見てしまうとダメですね。色々な人がいるように色々な守護霊もいるって事でもあります。

さて守護神についてですが、上に書いたように「守護神になるべく」とうのは自分の魂の親、例えば弁財天としたら、元である親弁財天を頂点に無数の弁財天が存在するのです。多くのひとが弁財天様が守護してくださると云われるように、弁財天が同時に存在するのか?と思う方がいるかも知れませんが、これがカラクリと言ってよいでしょう。よって技芸の神ですから例えば芸能人についているとしたら、超有名な芸能人から、駆け出しの芸能人もいるわけで、それらに応じた「弁財天」が付いているといって良いでしょう。

しかし霊界の特性で一番上の弁財天も駆け出しの弁財天も意識は繋がっていて「同じ」なんです。よってすべてがひとつの弁財天なのです。おわかり頂けたでしょうか?よって現在知られている神様の下には多くの魂があって同時に働いているというのです。ここで基本的には絶対に守護霊は変わらず同じだと思っていたので、守護神は本人にひとつだと思いこんでおりました。

しかし人生の経験において、一時的に表に出ず他の守護神が代行することもある事も解ってきました。守護に関することでもまだまだ解らないことが多い世界であります。ほんと霊界って・・・人間の脳みそでは理解するのは本当に難しいと思いまする(特に人5倍腐っているぬかみそでは)・・・・。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。