--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-11-20

何を信じるのか?

よく宗教を持ち出して来る人がいますが、宗教は人間が「確認」するために作ったもの。

それが悪いとか良いとかは関係ありません。元々人間は「目に見えるもの」とか信じない人が多いためなのかもしれません。

森の癒し堂では宗教は否定はしませんが、残念ながら今の宗教は「とりまき」が悪いため開祖の理念を離れたものがとても多いです。

つまり宗教団体を維持していくためのものになっているといえます。

私も霊的な世界や神について語ることはあります。しかし私の言いたいものはそれらを信仰することでなく「自分を信じること」であります。
つまり「自分教」でいいんですよね。

でも我が儘は駄目です(笑)

私を信じるとか森の癒し堂がいいとかそういうものは置いておいてもらいたいです。

ここは自分が立ち直おろうとする人に対して出来るだけの補助をするという場所です。でもべったりというわけではありません。自分で立つ方法を教えるだけです。「それでもよい」という方が来てくれればよいのです。

やり方に反発がある、偽物だなど・・・文句のある方は去ってもらえれば良いだけです。私を必要としてくれている人がいるので、忙しくて相手をしている暇はありません。

うちは宗教でもなんでもありませんし、個人を良い方向へ修正するのが目的です。私を信仰してほしくありません。森の癒し堂の信者になってもらっても困ります。そういう場所ではありませんから。

日記を長く読まれている方は解ると思いますが、私は「自分を大切にする」と言うことが大事だと言っています。

でも私はどうか?と聞かれたらよい人間ではありません。

普通に酒も飲みますし、肉食もしますし、きれいなおねぃさんも好きですし(見るだけですが・笑)ごくフツーのオヤジでございます。
過去いっぱい失敗もしてきましたし(この失敗が実は役に立っていたり)

もし「私のような人間なりたい」という人がいたら・・・
やめておいた方がいいです。人生波乱、臨死体験×1、死にかけること4回。非常に危険な人生です(笑)

若いころは馬鹿もやりましたし、無茶なこともしました。
まあ犯罪犯してません。念のため。せいぜいスピード違反などでお世話になる程度です。一応元国家公務員だったのに(笑)

まあ何にしても私が言いたいのは「自分を幸せにする」と言うことを言いたいだけなのです。私は失敗してきた人間だから、失敗していることの人たちのことが解るのだと思います。

宗教や神については公定もも否定もしません。それぞれ個人の自由です。
だから信じる人も自由ですし、信じない人も自由だと思います。
よって色々と自分の意見を人に押しつける(宗教勧誘)は間違いではないでしょうかね。

そういった勧誘する人がいうのは必ず「**教の神を信じると幸せになれる」とかですよね。勧誘が来たときにたまに遊びまして問答をします(笑)
で・・・私が最後に「本当にそんなにいいものならば、勧誘しなくても集まるでしょ。物にたとえる悪かもしれないけれど、本当によいもの、美味しい食べ物だったら、集客しなくても人は集まってきますよね」それが自然の理で神の理ですよと。

こんなものなんですよね・・・なぜ勧誘するか。「幸せになるためには、他の人も幸せにする必要があります」などとたぶらかされて、自分が神に認められるから、天国にいけるからなどと、人の見えない世界に対する「恐怖心」を利用されて、宗教団体を維持するために集客をさせられているだけなんですよね。

宗教団体の全部がこうだとは言いません。中には本当に真面目にやっている所もあります。要は霊能者と同じでほんの一握りの正しい人と、多くの偽物が存在するのと同じですね。

しかし・・・です。ここ森の癒し堂が決して「正しい」とは言いません。
それを判断するのはここを見ている人たちであり私ではありません。

正直なところ「正しいのか?」と言われたら「わかりません」
ならどうして判断するの?というのは、「結果」です。

私も正直「悪い霊にでも騙されている?」と思ったことが何度もあります。
考えれば考えるほど解らなくなります。
最終的にどう判断するか??それは「結果」です。

私がやったことに対してそれを受けた人が治って「幸せ」になっているか?
ということです。偽物だったら・・・後で絶対悪くなりますよね。

しかしそういった私の感じる「後ろの世界」それがいちばんだとは思っていません。私の後ろの世界は「人を見えない世界から手助けする者」達です。
つまりそれか仕事なんですよね。だから当たり前であり当然なんです。

だから崇めているわけではありませんし、普通に人間に対応するようにしています。でもそれに対して怒られるわけでもなく、なお強力な「力」を授けてくれています。

それが何故なのか私にも解りません。

神を信仰する者から見れば私は正直「異端者」です。
しかしそれを変える気はありません。

私はこれからも「自分を信じて幸せになる」という自分教であるべきだと思っています。

よって「神」がどうだとかそういう論議は一切受け付けませんのでよろしく!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。