--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-29

守護神とは

守護神とは解りやすく言えば

『自分の魂の親』であるといえます。

しかし必ずしも自分の守護神であるわけではありません。

まずタイプを説明します。

1.自分の魂の守護神である場合

明確にその性格が出ていると守護神の性質とよく似ています。

しかし性格といっても人間の場合悪い方向に出ることもしばしばです。

例えば地蔵菩薩や薬師如来など救う系の場合『優しい』というものが

行き過ぎて『頼みごとを断れない』ということになり、自分を苦しめるようになるのが

悪い方向といえます。

ほとんどの人が自分の魂の親である守護神である場合が多いです。


攻撃系の人は当然といぐらい天部か不動の資質があります。だいたい元気者の人は

この気質が多いです。



2.それ以外の守護神がつく場合

生まれ変わりの中で優しさを学ぶ場合(天部→菩薩系)、

あるいは強さを学ぶ場合に(菩薩系→天部)その人生においてつく場合があります。

そういう場合6対4とか色々の割合で関わっているようです。

また特別にその人生において特別な役割をする場合にそれに類する神が付く事もあります。

スポーツ選手とか科学者など大きな貢献を残す人など。

その人生において何をするかでそれを助ける神がつきます。



以上基本的な2パターンです。


守護神の性格が色濃く出る場合もありますし、おとなしい場合もあります。

人の性格はこの守護神に影響を受けているところが大きいのです。

つまり見ている皆さんそれぞれの守護神が着いているということです。


それから、人生において大きな変化があった場合守護神が交代することがあります。

また同じ守護神がレベルアップする場合もあるのでさまざまです。


しかし守護神というものは信仰するものでなく、『自分を守ってくれる存在』として

心にちゃんと刻んでいればよいのです。

頼り切ると駄目です。自分で努力する場合のみ助けてくれますが、依存しすぎると

すぐに鞭が飛んできますよ(笑)


中には守護神が3種類、4種類とある人もたまにいます。

本当に色々なんですよね。

珍しい人で精霊とかだったり、他の種類の人を見かけることもありますね。

一般人なんていいますが、結局そういう後ろの存在に目を向けるか向けないか?

というだけの差です。

向ければ後ろとのつながりを持つ事により強力にサポートしてもらえることでもあるのです。


正直自分の守護神が誰だか知らなくてもいいんですよね。

ただ心からそういう存在がある事を認めて心で感謝する。それだけで十分です。

今を生きることがすべてを知ることでもあるのです。

自分の今の状況がすべてを語っているといえます。

ちなみのこの間の私の友人。顔輝悪い方の(右側)は『不動明王』です。

性格もそっくりです。


私の後ろが天部であるので、自然と似た性質の者が集まりますよね。

そういえば過去なんかのテストでモテモテ度?だったかな?

私と似たような結果になった人って天部系でしたよね・・・

みっちゃん、まお母さんがそうだったかと。

結局似たような性質なんですよね。


そういえばだんだんみっちゃんも後ろのオヤジの性格が少しずつ出ているような・・・

気がしないでもないけれど・・(笑)


あと龍神系もいますが龍神だけというのは・・・?たぶんなかったと思います。

いるとすれば八大龍王とかですね。


とても珍しいのが精霊というのがいまして、これは神の使い人。

外国で言われる『天使』ですな。

迷った死者を迎えに来たりしてお使いをする人です。

基本的には人間として生まれることはありません。


しかし・・・最近いるんですよね・・・たまに・・・。

凄いいい波長を出していますから輝いている感じがします。

(ううっ・・・こういう精霊系の人は何故いない・・・涙。。。。。)


まあこんな感じでしょうか?

あまりこだわる事はありません。ただ自分の後ろにもいるということを認識して

感謝の気持ちを持つことだけで十分です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。