--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-15

見えないエネルギー

うーむやっぱり呼吸が浅い人が多いっすねー

意識しても深い呼吸が出来ないという人もいるようです。

自然と薄くなりという場合は練習で修正されますが

呼吸の出来ない原因がもうひとつあるのですね。


このもうひとつというものは『見えないもの』であります。

見えないものといいますと『霊』ですが、それも正解です。

さらにもうひとつは『自分の念(生霊っすな)』原因であることも少なくないです。

霊的なものである場合気管あたりが詰まった感じになるか、

しっかり憑依された場合は魂にべっとりと憑かれますので胸を中心に息苦しくなります。

またこれと同じように自分のストレスは自分のものですから

この憑依と同じように自分の中に見えない『異物』ができてしまうのです。


こういう霊的な見えないものであっても、身体にあると現実に異物感があって

呼吸が出来なくなるのです。

これはなんとも不思議ですよね。

この異物を取り出すと・・・あら不思議!ってな具合で呼吸が楽になるのですね。


こうやって自分の中に見えない異物があることがとても多いです。

現代人は・・・特に『自分のストレス』ですな。

それが悶々と溜まっておりまする。

うまく吐かないといけないのですが、それをしたくとも

肝心の基本である『呼吸』が出来ない状態になっておりそこから抜け出せないのですね。

なんとも困った悪循環であります・・・


呼吸が出来ない人って多いんですよね。

やはりそういうひとは腸のエネルギーが足りないので

その近辺のエネルギーを奪ってしまいます。

同種のエネルギーが性エネルギー。まったく同じなのですぐさま性欲減退です。

また女性であると生理痛や婦人科系の病気に。

男性の場合ですと腎臓など腸付近の臓器に影響が出ます。


つまり各臓器機関のエネルギーが奪われて正常に機能しなくなるのですね。

それで徐々におかしくなり病気になっていくようであります。

これは気力が下がった人の場合ですけれどね。


ここで思うのがやはり『少子化』夢が無いとか子育てが出来ないとか

色々と理由はありますが、やはりこういう影響で精力が減退しているのも

ひとつの要因だと思われます。

この間電車の吊り広告で「40代男性2割が童貞」だったような

週刊誌広告みましたけれど現代ならではと思ったりします。


むかし若い子からの性的な相談で話しててびっくりしたのは・・・

彼はまだ20代で若いのですね。当然彼女も若いのですが・・・

で何が驚いたかというと、彼との営みは一週間に1回で(まあこれはいいとして)

営みそのものも「1回」っていうんですよね・・・!

20代で若い男だったら・・・それで終わるか??

まだ元気そのものの年代ですからありえないと思うのですね。

彼女いわく2回戦とかいったら「もう勘弁してくれ」状態らしいのですな。


私が「うそだろ~?」って言ったらどうやらそれが普通らしいのですね。

これを聞いたときに、現在やっぱり子供が出来にくいのも

これが関係あるのだなあと思った次第ですね。


伸之介どんがこういう話題になったら(減退期による焦り・笑)出てくるかなと・・



しかし・・・見えないエネルギーに人間は大きく関係しているんですねー

いずれにしても『健康なエネルギー』であり続ける事が大事なのでしょうね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。