--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-23

やっぱり・・・

腸っすね・・・・

冷えている方が多いです。

冷えすぎている人は暖かくなるまでにかなりヒーリングの時間を要します。


こういうタイプで共通する事はやはり「マイナス的思考」であるということ。

また手をかざすと(15センチほど離すと)寒くなるのですね。

これは強いエネルギーが弱い方に流れる事で急激に対流が起こるためです。


前にも書きましたが、マイナスに落ちた時は呼吸ができなくなるのですね。

目に見えないマイナスが胸に詰まって呼吸を邪魔するといった感じです。


自然と悪循環になっているようであります。


さて・・主たる原因。

マイナスに向くのは自分を大切にしていない人です。

自分を責めたり自分の心の信号に気がついていない人。


エネルギーが低下して腸をやむと必ず『肌』に出ます。

肌とはその人のいちばん見える部分です。つまり『自分自身』ですね。

自然とそういう形で『正しく自分を見なさい』というものであるようです。

強迫観念が強かったり、きちんとしなければ駄目だとか

自分を大切にするのでなく、周りからどう思われるかとか

同じにしなければいけないなど、周りばかりに目がいってしまうのですね。

そうするとだんだんそれがストレスになり自分を苦しめ病んでいくのです。


どう自分に目を向けていくか?

それは自然と笑顔が出る生き方をすることなのです。



何か自分のためにとかいい事をとか無理をしては駄目です。

まず走り続けている自分がいることに気がついて休む事です。

今まで走り続けて見えなかったことが必ず見えてきます。


実際に走るのをやめて立ち止まって休憩すればその周りにある

景色をよく見ることができますよね。

花が咲いていたり、小さな虫がいたり・・・・・

走っていては決して気がつくことがないものです。


立ち止まってゆっくり呼吸して肩の力を抜いて休む事も大事なのです。

そうしないと人間の身体(と心)は無理をしてしまい悲鳴を上げてしまうのです。


周りと同じでないと駄目なのか??

そうではないですよね。人の顔かたちが違うように生き方もそれぞれなのです。


人間の性格から趣味傾向まったく同じ人なんて存在しませんよね。

まさに十人十色なのであります。

自分の色、ペース生き方があるのですから、まず自分をしっかり見つめる事。

それが大事なのですね。


自分を愛して笑顔で生きられる事がいちばん幸せなことなのです。

走りすぎていませんか?

立ち止まって周りの景色と自分を見ることが

又自分の生き方を教えてくれたりするものなのです。

たまには肩の力を抜いてだらけてみませんか??

寝っころがれば『空』がみえますよ~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。