--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-18

人ってほんとうに『頭』で考える生き物なのですね(笑)

人間は心で思っている事が『自分の気持ち』であり

頭で考えている事は『否定している』事なのですね。

心では「ありがとうー」って思っていてもプライドとかが邪魔をして

「ふん!大きなお世話!」って言ってみたり・・

言われた方もだけれど、言った本人も心では「しまった~」と思っているものなのですね。


さて、『頭で考える』ということはを悪い事?なのか??

いえ、決してそうではありません。

頭で考えるとは『脳』であります。つまり脳は『肉体の司令塔』

人間としての『自分』を守るためであって、悪気があるのではないのです。


でも現在のように『人』が信じられなくなってしまい

何が起こるかわからない。そして虐めがあったりして

人の心が消えていく時代の中でそうなったのかも知れません。

つまり「生きていくため」に必死に考える結果だといえます。


でもその習慣がついてしまい、『信じられる人』までも信じられなくなって

しまうという事も起こります。

そうなってしまえば・・・人というものは『孤立』してしいます。

鳳香がブログに書いていたように、どんなに嫌な人でも「いいところ」があります。

そのいいところを探すのが『楽しみ』だと言ってましたよね。


人が人と触れ合うことはとても大事。

すべての人と人間は合うわけではないっす。

そんなに八方美人になっても人との付き合いが増えて大変なだけです。

人はそれぞれ『抱えられる量』がありますから

その許容量を超えてはいけません。ほどほどに。


まず人よりも『自分』というものを信じられることも大事かも。

自分を信じられなかったら他人もなおさら信じられないっすよね。


どんなに自分を追いやっても、最後は『求めている』のですね。

死にたい死にたい・・・といっても、いざ死に直面すると慌てたりします。

そういう時ってのが『本性』といえます。


どんな人でも必ず世の中に『信じられる人』がいるはずです。

それが、どこか遠くにいるかもしれません。

しかし諦めないことです。そうすればきっと現れるのです。


前回生まれ変わりで『ペア』という存在もありますが

よく生まれ変わりの中で必ず助けてくれる存在、親子や家族などの存在が

必ず周りにあります。

すべてがそうだと言い切れませんが、ほぼそのパターンだといえます。

人により人生の選択はさまざまですから。


さて、頭と心。どちらも正しいんです。

心だけを取ってしまえば単なるお人よしになっちまいますかな(笑)


いつも言う『陰陽』であって両方のバランスを取れているといいのです。

だからどちらも『正しい』として両方を受け入れて

自分の心が『うれしい』と思うことを受け入れればいいのではないでしょうか。

人の心というものは正しいものを受け入れます。


自分に合わないものはしっかり拒否するものなのです。

だから自分の『心』というものもしっかり信じて欲しいっです。


中間ってのが大事なのですよね。

どちらか片方ってのはありえないといえます。


だから何かを買う状況で『頭』ではいやーーどうかなーー?と考える。

しかし自分の本心としては『欲しいなあ』と強く思う。

で両方天秤にかけて『欲しい』という気持ちが大きければ

買ってしまう・・・それはよくある普通の出来事。


通常物は『頭が買う』わけではないのですね。

欲しいものを買って自分(心)が喜ぶから欲しいんです。

これが『本心』ですよね。欲でもありますが。


これが『未知なもの』『知らない人・嫌いな人』では

心の方でも「不信」なのであります。

だから速攻で拒否します。


しかし・・中には『例外』があり、心の奥底から

「ありがとう・・」「やっとあえた・・」など

今の自分でない過去の記憶が出てきたりします。


ここでどうしてこういう過去の記憶が出てくるのか??

それは「今もこだわっている」からです。

そういうわからない事は信じなくても

自分の記憶のない『こだわり』は崩さないっていうのは

過去の自分がこだわっていると同時に今の自分もこだわっているということなのです。


もし今の自分がそういうものはわからない、こだわらないと思うのなら

今の自分のこだわりも(今世ではその理由が見当たらないもの)捨てていいと思うのですね。

つまり人間とは『辛い事』部分は本能的にわかっているので

あえて自分の前世・・いちばん苦しい部分を見たく無いのです。

解っているから・・・『拒否』しているともいえるのです。


拒否する人ほど・・・『それを感じている』といえるのかもしれませんね。

つまりあーだこーだと考えるより『心の求めているもの』に対して

自分で気がつき進む事でしか『解決』はできないものであるといえます。


前世を信じない人はそれはそれで自由ですから

どう受け止めるかは・・・自分次第だといえます。


結局は『自分』に帰ってくる事ですからね。

自分の心を信じないとイライラしたり気持ちが優れなかったり

感情が不安定になるようでありますよ。

最後に先日のお会いした方からのメール一部抜粋

*****

私も相当頭が固いみたいで(笑)、
そんな感情が湧いてきても『気のせい!』『妄想癖!』と認めたくない気持ちがでてくる。

否定すれば否定する程、しんどくてイライラ(-_-;)
そんな時に、鳳香さんが**さんに宛てて書いてたコメント見て、
何故か私までスーッと楽になって…

**ゃんに、『ゆっくり歩いていこうね』ってメールもらって、
焦っていた自分に気付きました。

早く『原因』を知って、ハードル越えなきゃ!過去より今が大事やねんから!
…と思っていたけど、その過去を受け入れられてこその今、未来なんですよね。

**ちゃんに会って、私は楽になれて終わるんだと思っていたけど、
これは始まりでもあるんですね。

でも試練の始まりではなく、課題でもあるけど『幸せ』になるためだから、
頭と心のバランスで身体はしんどいけれど、心は喜んでいる感じ。

たみさんの『過去がどうこうよりも、今こうして楽しく会えたらいい』という
言葉の意味、私の心の中で分かる気がします(*^_^*)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。