--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-24

人を思いやれる人とそうでない人

この仕事をしていて思うのは人を思いやる人とそうでない人。

この両極端をくらべればもちろん『思いやる人』の方が誰だって

好感は持てるし、もちろん正しい。

さて、まず極端に思いやれない人ってのは

だいたいが『自分は正しい、悪くない!』と言い切る。

それはそれで凄いですよね。

自分が悪いとしても『相手が悪い』と言い張るのですから。

でもその反面『人の意思を受け付けない』というものがあるので

言い換えれば「人の念も受け付けない」ということで、

生霊やマイナスエネルギー的にはまったく受け付けず問題はないでしょう。


だから友達がいないとしても、そういった自分を苦しめるものはないですから

ある意味『幸せ』なのかもしれませんね。

しかし・・・心から本当に『友達』と呼べる人はいないでしょうけれどね。



逆に思いやれる人というのは、いつも気遣っているし

人の心配をするので、常に相手にピントを合わせているのです。

だから、相手のマイナスを一緒にもらってしまいます。


しかしいつも優しい心を持っていますから、前者と比べて

慕う人、友達はとても多いでしょうね。


この状態を見ても結局は『ブラスマイナスゼロ』の世界です。

苦労している分報われることがあるし、苦労してない分報われないことがある。

自然の法則ではありますけれどね。




でも結果的にはどちらがいいかは、それぞれの考え方があるわけで

皆さんがそれぞれ考える結果が答えだと思います。


しかし結果は一目瞭然であるといえます。


それからマイナスの人の特徴として

『どうせ私は駄目だし・・』『こんな人間は嫌いだろうし・・』とか

『生まれてこない方がよかった人間だ』などと

まず『自分』が『自分』を否定します。


自分を否定して自分を嫌いであれば、

なおさら『他人』が好きになるはずがない。

ましてやだらだらと自分の過去がどうだとか後ろ向きの事ばかり

聞かされれば誰だって嫌になるばずですよね。


そういう人は『自分で自分を幸せにしよう!』という心がない人であると

思いますが、皆さんどう思われますか?

自分を幸せにするのは『自分』しかいないのですよね。

幸せな結婚をしたいと思うのなら、まず相手に愛される価値のある

『自分』を作らなければ駄目。

女性であれば『花嫁修業』も大事でしょうし、

やはり人として『愛される』事が大事です。


よく子供が親に対して「うちの母親は料や家事は上手でなかったけれど

人として素晴らしい人だった」と。

そういうものが大事であると思います。

つまり一生懸命自分の持てる愛で接した結果だといえます。


昔は自分の子であろうと、人の子であろうと構わず怒って注意をしたものです。

しかし今はそういう時代でなくなったといいます。

でも・・・それがむしろ間違いであるのですね。

『悪い事を悪い!』としからないから今の子はわからないのです。

つまり悪い事も些細な事から始まるのであって、

それがどんどん積み重なれば、大きなものになっていくのです。

誰も注意しなければどんどんエスカレートするばかり。


よく考えてみてください。

今から30年前とかに子供が殺人などの犯罪を犯すなんて事はなかったはずです。

いまはそれだけでなく、子が親を、親が子をと考えられない世の中です。


殺人をしてしまった子供は『こんな事になるとは思わなかった』などと

あとで後悔するばかり・・・


よくことわざで『知らない事ほど怖いものはない』といいます。

知らないという事は・・・最悪本人だけでなく

その家族など周りの人など多くを不幸にします。


しかし今の世の中は不幸かな今子供を育てている親自体が『子供』であって

ちゃんと躾けられていない親がとても多いということです。


いくら警鐘を鳴らしたとしても『親』がおかしければ

子も同じ運命をたどってしまうのですね・・・


何が大事なのか??

しっかり心で感じるものを受け取り人として

正しく生きていく事が大事なのだと思います。


回りがそうだから。。。と流されてはいけません。


正しく生きて欲しいですね・・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。