--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-04

それぞれの尺度

人にはそれぞれの考え、思い、習慣、尺度があります。

例えば食事が少ししか食べられないAがいたとして

その人にちゃんと食べて欲しいと、Bがフルコースのように

たっぷり料理を作ってくれたとします。

Aにとっては量が多すぎて苦痛になりますよね。

しかしBはAのために『ちゃんと食べて欲しい』という思いがあって

悪いことをしているわけではないですよね。

むしろ普通であります。


でもAにとってはとっても苦痛なのです。

ここでAは苦しいので、食べさせられる苦しさから

Bの食事を食べたくないと断ります。


そうするとBは「なんでなの?美味しくないの?」

と自分がいい事をしたのに拒否されて怒るのですね。


Aの事ををBは理解できないから、衝突が生まれるのですな。

これが人と人が争う原因となります。

又逆にAが逆切れして怒ったとしたら、Bは「なんで??」となり

結局争う事になってしまいます。



上の場合で間違いが起こる原因を無くす事は

1.Aが求める事を正確にBが理解してあげる事

2.Bに対してAがちゃんと伝える事(食事が少ない事)

であります。


しかし通常の場合相手に優しくする場合、優しくする方が

一方的に与えるものでありますので、ここですれ違いが出てくるのですな。

よく争いごとがあって

「ここまで面倒見たのに」

「なんて恩知らず?」

などとよく聞きます。


しかしこれもある意味傲慢ですよね。

相手に対して『見返り』を求めていると言うことです。


本当のやさしさとは何か?

よく『見返りを求めない事』といいますよね。

それができるのが本当だと思います。


よく聞く言葉ではないですが、『恩をあだで返す』と

いうことも起こることがありえると言うことを

ちゃんと頭に入れておくべきだと思うんです。


それからよくあるのが金の貸し借り。

私は過去何度が貸したことがありますが、

相手の状況を見れば「帰ってて来ない」というのは

すぐにわかりますよね。

そういう場合は思い切って貸さないか、あるいは最初から

「帰って来ない」と思って貸すべきです。

現在お金のトラブルで殺人事件とか当たり前に起きてますからね。

そういや俳優の借金で脅迫事件があったりしましたなー


ということで人と人の間でズレが発生するのは

絶対に理由がそれぞれにあるわけです。


これは国対国であってもそうですし、個人のレベルでも

全く同じで『争い』があるのです。

戦争がなくならないというのは国だけでなく

人間の意識が問題なのだと私は思うのですね。


見返りを求めない事・・・・

それが出来ないのならばむしろ何もしないほうがいいのかもしれません。

本当に難しいですよね・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。