--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-23

気力=エネルギー=腸

風邪の季節になって来ました。

私はここ数年風邪らしい風邪はほとんどひいていません。

風邪らしい初期症状が判りますので、その時点で胃洗浄します。

初期症状とは最初なんとなく「胃が重い」感じがするのです。

たいてい胃洗浄でスッキリします。


風邪になる人とならない人がいるのを考えると

風邪をひくのは少し抵抗力が実際に落ちているからですよね。


しかし現実の抵抗力と、気の部分での抵抗力はやっぱりイコールといえます。

気的にも実際に下がっていると考えられますね。


胃がずんと重くなるのも何らかのマイナスエネルギーであると思われます。

すべてがそうだとはいえませんが、こういった病気もなんらか見えないものが

関係している事は十分に考えられます。


今までにも単なる「咳」だとか「風邪」とかの誰でも起こる症状が

マイナスを抜いた事によって「消える」事がたまにあるのですね。

直後ではないですが、半日とかで消えていきます。

そういった目に見えないマイナスエネルギーが取れることによって良くなったり

あと、浄化塩や入浴剤の「気のパワー補給」で抵抗力が回復していく場合とがあると思います。


メールで、あるお母様からいただいたんですが

シルバー浄化塩を溶かし身体を拭いたりして色々としたところ

半日で39度あった熱が下がったとか。


これらも人の回復機能がアップしたからだと思われます。


つまり入浴剤や浄化塩は、気力が落ちた人に対して正常に近い気力回復をさせ

そして身体免疫機能があがる事でマイナスエネルギーが離れるのだと思います。

免疫機能が上がれば当然浸入した細菌も自然免疫機能によって排除されますよね。


「気功」がいいとされるのは、気功が身体を治すのではなく

気が巡る事により、身体に足りなくなった気を補う事で正常に戻るのだと思います。

よって実際に治癒させたのは「本人の免疫機能」なのですな。

そこを間違えてはいけないと思います。


いずれにしても現代人が気力が下がっている事は周りを見渡せばよくわかります。

私がよく「腸は身体の゙エンジン゛」だと言います。

このエンジンの不調な方が多いというのが、よく売れているものでもわかります。

まず「整腸剤」ですね。それからヨーグルトとか納豆がいいとされる事。

不調となると当然下痢や便秘や症状としてすぐに出ます。


よって現代人はいかに腸の状態がよくないか・・つまりパワー不足の人が多いか?

ということでもあるのです。


だから鬱病なるものも増えて、また癌等の病気も多くなったのだと思います。

気力を下げないためにはまず「腸を正常に保つ」という事です。


それには食べる、呼吸をするなど人間の基礎が大事です。

しっかり腸を大事にしてくださいねー!!

それが基本であります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。