--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-20

朝というより・・・

こんな夜中に目が覚めちまう。。。。(02:50)
まったく今度は時間帯が早くなっているような気がするが(笑)
まあそれはそれでしゃあねーか。



☆石って不思議ですなー。

やはりこういう鉱物も意識のようなものがありますね。
例えば『タイガーアイ』だのブレスを作ったとします。
当然仕入れている石はほぼ同じ石のはずですよね。

それなのに、それと波長が合う人がそれを選んでいきます。
極端に『産地が違わない限り』と思いそうなものです。


まあ特に森の癒し堂で作る場合、相手に波長合わせて作る
という観点では、『その人専用』といえます。

しかし一般に売られている石は『セージ』で浄化をしますが
それだけでは駄目なのですね。
とりあえず石が吸った『悪いもの』は綺麗にはなるようです。
問題は石の波長をより本人に合わせるというものです。

ですから、初めてブレス類を手にした時に皆さんなにかしらの
ものを感じていると思います。


ブレスやアクセサリーが本人と同調を始めるのであります。
人によりさまざまですが、ピリピリしたりぐわんとめまいがしたりと
色々とあるようです。


さて、石が何故浄化が必要なのか?ですが
多くは鉱山で取れますが、場所により石の取れた場所で
人が戦っていたり、多くの人が死んでいたりしたらそういう
『念』的なものを吸っている可能性もあります。

また地球には磁場というものがありますので、その磁場による
波長がキツイ場合もあるようです。

それから世界中の人がそれぞれ民族性があるように
その鉱物にもそれぞれの鉱物性があるようです。
要は『意思』のようなものを感じられるという時点で
極端に言えば『ひとりの個性』でありますから、波長がぴったり合えば
問題なく相性もいいはずです。

うちの場合当然プラスの龍が入ってきます。
何故龍と相性がいいのか?といいますと、
自然と龍は表裏一体といえるからであります。

川の流れも『龍』でありますし、すべてのエネルギーも
龍の力がか変わっているのですね。

よって石そのものだけでは『一匹狼』みたいなものです。
そこへ龍がつきますと、人の後ろに『守護神』がつくようなものですかね?
つまりすべてが『陰陽』の世界であるからだといえるのです。

少し話が違いますが、風邪とかであっても、マイナスエネルギーのようなものがあり
それを抜くと治りが急激に早くなります。

つまり人間の身体に『霊体』があって生きているのと同じであります。
この世のすべてはそういう、現実のものと見えない世界の何らかの働きにより
存在しているのは、確かなようです。

そういう存在を感じる感じないというのは、正直に言えばまったく関係ないです。
私のようなこういう心霊世界には一生無縁で終わる人もいるのですから。

まあ龍というものは本当に優しいですよね。

すべての龍がそうとも限らないのでありますな。
龍も神には仕えてないものもいますし、
当然魔界側の龍もいますので龍=優しいではないのでご注意を。

なんにしても陰陽の世界なのであります。
そういう意味では何故のの世から『悪』が無くならないのか?
という部分では『必要悪』という部分もあるのですね。

人間という世界は『魂』が成長するための場であります。
だから必ず『試し』があります。むしろそういう『場』であるともいえます。

人の心には絶対に『善と悪』がありますから
まったくの善人なんてこの世には存在しないでしょうね。

しかし理解した人であれば『悪』の心に負けることは無く
良いことを貫き通せるのだと思います。



しかし・・近年は『魂の循環』というシステムが壊れています。
前にも書きましたが、魂の循環と水の循環はまったく同じであります。

だからそれを現実に見せるかのように世の中もおかしくなり、
温暖化による『海面上昇』がそれを裏付けるかのようであります。

人は今まで戦争や争いなどおろかな行為を繰り返し、多くの魂を傷つけて
またその多くの魂を恨みつらみを残すような死に方をさせてしまい
この世にとどまるという状態が今の状況であります。

そういう魂が悪霊になっていって生きている人へ影響を与えているのも事実です。
本当に困ったものですなー


さて『死』というものを考えていきますと、人は『死後の世界』がある
という程度の知識があればそれでいいと思います。
あれこれ考えすぎると、かえって分らなくなるものなのですね。

しかし戦争中など結構古い時代の人が成仏できない場合があります。
昔は信仰もあったでしょうし、死後の世界も知っていたはずです。

しかし成仏できてない事が何故か多いですね。

考えられるパターンとしては

1.現世に思い残した事がある

2.自分が死んだと気がついていない

3.死の状況(戦争とか)から離れられない(恐怖心から)

4.死んだと分っていて、お迎えが来ても分らない

などがあるようです。

生きている人間からしたら
「これだけ時間がたって、どうして死んだのがわからないのか?」
と思いますよね?

霊界では時間の概念がないのですね。そこで止まっています。
これと同じなのが、映画でニコール・キッドマンの『アザーズ』ですね。
死んだ事に気がつかないのは『シックス・センス』です。
ほぼこういう世界であるといえますね。

まあなんにしても、厄介ですわなー
説得するのが正直大変。

特に『死』という意味も分らない子供の場合とかですね。
ほんと苦労しますぞ。

『お迎えが分らない』パターンにはひとつ『パニック』になっているから
焦ってしまって『見えない』事が多いようです。
だから何にしても「落ち着く」事が大事です。

浄化の際、まず一度は

たみ「冷静になって。迎えに来ている人がいるから落ち着いて」
と言って、自分でお迎えを探させます。

駄目な場合、迎えの聖霊のおねーちゃんと波長を合わせます。
それでも駄目な時はその亡くなった人の親とか、親族の霊を呼び出します。

まあ大体それで会えて上がっていきます。
結構霊力も使うので大変ではありますけれど。

しかし何にしても人間は『冷静』でいる事が大切なのかもでねぇ・・


まあこういう心霊の世界は『知らない』のがいちばんです。
中途半端にやっていると大変な目にあいますぞ。

一度霊を浄化したら『次は私も・・』と次々に霊に寄られて憑かれる羽目に。
ちょうど多くの人がパニックになって助かるために「そこ」へ集中するのと同じです。

だから美和吉のところに、おいらが浄化に使う霊専用の
プラチナとブラックを大量に置いていたら
大量のオーブが押し寄せていた・・というのと同じですね。

本当に触らぬ神にたたりなし・・ですぞ。



癒しランキング只今第12位
どーーーかぽちっと!!!(おしてくださいまし・・・・)

ランキング

浄化塩・入浴剤の使い方

パワーアクセサリー使用法


四神獣と日本人


パワーアクセサリー掲示板

浄化塩・入浴剤掲示板


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。